スマートな見た目から驚かされる馴染みやすさと優しい自然の香り「マークス&ウェブ ハンドソープ・全身用乳液ハンドケアセット」

4.Others

昨日はゴールデンウィークの最終日は母の日でしたが、みなさんは自分のお母さんもしくは奥さんにどんなプレゼントを贈りましたか?

私は20代後半くらいまで母の日や父の日などの感謝の日に、特に何かを贈ったりすることがなかったので、あまり馴染みがありませんでした。しかし、結婚や子供の誕生などの経験を経ていくうちに身近な人への感謝を、10代・20代の頃よりもよりリアルに実感するようになり、イベントごとではプレゼントを贈るようになりました。

前段はさておき今年は自分の母と妻に何を贈ろうかと考えながら、自分の買い物と兼ねて東京・有楽町間を探索していました。なかなかピンとくるものに巡りあわず、最後に丸ビルの4階にある「MARKS & WEB(マークス&ウェブ)」の店舗に立ち寄ってみることにしました。

暮らしに寄り添うデイリープロダクト「マークス&ウェブ」


店舗内の商品はシンプルかつ洗練された見た目のものばかり。個人的には「マークス&ウェブ」の存在自体は知っていたのですが、今まで購入したことがなかったので、その美しい見た目から敷居が高い海外ブランドとして認識していました。そんな先入観を抱きながら店舗に入り、何をプレゼントしたらいいか悩みながら商品を見ていると、スッと空間に溶け込むような柔らかい物腰で男性店員さんが優しく話しかけてくれました。プレゼントを探している旨を伝えた上で予算感を伝えると、3案プレゼント用パッケージプランをご提案してくれました。
ここで意外だったのが金額的に5,000円の予算感だったのですが、以外にも3点ほど商品を選べることに驚きました。自分の先入観でハイブランドだと思いこんでいたのが崩れ、一気に「マークス&ウェブ」に親近感が湧いてきました。
そんなこんなで今年の母の日のプレゼントは、ハンドソープとハンド&ボディローションにすることにしました。
プレゼントを購入した後に調べたのですが、「マークス&ウェブ」は日本で生まれたデイリープロダクトのブランドだったのです。
詳しくはこちらのページからご覧になれます 〉

ハーバルハンドソープ


ハンドソープとハンド&ボディローションに決めた決定要素としては、主張しすぎない香りと肌への馴染みやすさが決定要素でした。このハンドソープは、パーム核油とベニ花油を釜焚き製法でじっくりと炊き上げて作られています。
香りはゼラニウムとカモミール優しいナチュラな香りを感じさせます。パッケージに関してもすっきりとしたおしゃれな見た目だけど、二つ並べると可愛く見えたりします。

ハーバルボディ&ハンドローション


ボディ&ハンドローションの大きな特長は、スッと肌に馴染む浸透力とベタつかなさ。
肌に揉み込むことで、優しいラベンダー精油とゼラニウム精油の香りが漂います。香りは無香料が選べるのでお子さんに使用する場合は、無香料がオススメです。

いかがでしたでしょうか?
今回、商品レビューというよりかは自分が想像していた「マークス&ウェブ」のギャップについての話が多かったのですが、「マークス&ウェブ」を使ったことがない方は、一度店舗に行って試供品で商品を試してみてはいかがでしょうか。すごく自然に馴染む商品と手頃な価格感にビックリしますよ。店舗に行くなら丸ビル4階の店舗がオススメです。

MARKS & WEB 丸ビルショップ
〒100-6304 東京都千代田区丸の内2-4-1
詳細はこちらから〉

商品仕様


  • 商品名:ハンドソープ・全身用乳液アンドケアセット
  • セット内容:ハーバルハンドソープ250mL×1
    ハーバルボディ&ローション250mL×1
    ギフトボックスSS×1
  • 生産国:日本製
  • 価格:¥3,150(税別)

お買い求めはこちらからご購入できます。
ハンドソープ・全身用乳液アンドケアセット商品ページ
MARKS & WEBオフィシャルサイト

その他オススメのスキンケア商品


KENTARO

KENTARO

都内の中小広告代理店で働くディレクター。 石川県七尾市で生まれ、東京江戸川区で少年時代を過ごし、 浪人時代を経て美大に進学。大学卒業後は現在の会社に就職。 就職後は仕事の傍ら音楽活動を行っていたが、 最近はハードワークの傍ら2児の父になったこともあり、 仕事・家事・育児に奔走している。

関連記事

特集記事

KENTARO

KENTARO

都内の中小広告代理店で働くディレクター。 石川県七尾市で生まれ、東京江戸川区で少年時代を過ごし、 浪人時代を経て美大に進学。大学卒業後は現在の会社に就職。 就職後は仕事の傍ら音楽活動を行っていたが、 最近はハードワークの傍ら2児の父になったこともあり、 仕事・家事・育児に奔走している。

最近の記事

  1. 時代を超えて愛される能登の郷土グルメ「えがら(縁賀良)饅頭」と老舗和菓子店の看板商品「のと情熱大福」

  2. 能登で長年愛され続けられているスイーツグルメ みそまんじゅう本舗 竹内の「みそまんじゅう」と「ふっくら」

  3. 経済ニュースのインプットにオススメなポッドキャスト番組3選

関連リンク

TOP