南砂町でカフェ探すならココがオススメ!南砂町でゆったりくつろげるカフェ3選

コラム

どうも、こんにちは!

今回のコラムでは、東京都江東区南砂町にあるオススメのカフェを紹介していきたいと思います。南砂町と言えば学校や公園などの公共の施設から、イオンやスナモなどの商業施設も充実しているので、とても子供を育てやすい環境です。私も南砂町に住んでから早4年になるのですが、子供を育てながら不自由なく暮らせています。

子育てしやすい南砂町でちょっとだけ物足りないのが、大人が一人の時間を過ごす場所が少ないこと。どこを行っても賑やかなので、商業施設のカフェなどでリモートワークや本を読んだりしづらい感じではあります。

そんな物足りなさを感じている方に、私が見つけたゆったりくつろげるカフェを3店舗紹介していきたいと思います。

南砂3丁目 | 南砂町駅から徒歩2分のカフェ「aoi ケーキ店」


「ニカイ coffee & cake」の外観

まず最初に紹介するのが南砂町駅から徒歩2分のカフェ「aoi ケーキ店」。1階にイタリアンの「osteria chivo(オステリアキーヴォ)」があり、その上に「aoi ケーキ店」があります。南砂町の2A出口を出て公園を通っていくと見える黄色外壁の建物が目印です。

「ニカイ coffee & cake」の入口

入口は屋根裏部屋にいくような階段があり、登っていくにつれ期待感が高まっていきます。階段下にある手書きの立て看板がなんとも言えないカワイイさを演出しています。

「ニカイ coffee & cake」の店内

店内の雰囲気は木目のアンティークを基調とした温もりがあり、明るい雰囲気になっています。各テーブルに敷かれた柔らかい布生地のコースターも優しいカフェの雰囲気を演出しています。

「ニカイ coffee & cake」のベンチチェア席

このお店の注目すべき点はスイーツメニューが豊富なこと。定番メニューや季節ごとに変わるメニューが毎日約10種類並んでいるそうです。ショーケースのスイーツは、どれも色鮮やかでキレイでおいしそう。また、スイーツだけでなくキッシュなども並んでいることもあるので、ランチのタイミングでもご利用できると思います。

「ニカイのシュー」の写真

このカフェでオススメメニューは、シュークリーム。価格も280円というお手頃価格ということもさることながら、生クリームとカスタードクリームを合わせたクリームがたっぷりと入っており、食べ応えがあります。

「ニカイのプリン」商品写真

テイクアウトにオススメなのがプリン。オシャレな小瓶にカラメル、プリン、生クリーム、キャラメルソースが4層に重なったプリン。割としっかりした生地感で、味もそこまで甘すぎないので子供も大人もおいしく味わえる一品。手土産やお土産などにもオススメです。

「ニカイ coffee&cake」の商品カウンター

また、季節ごとに桜まつりや縁日などのイベントが開催されるので、普段のカフェとはちょっと違った楽しみ方もできます。

店舗情報

  • 店舗名:aoi ケーキ店
  • 住所:〒136-0076 東京都江東区南砂3丁目14−22-2階
  • アクセス:南砂町駅2A出口から徒歩2分
  • 営業時間:11:30~18:00
  • 定休日:月曜日

東砂6丁目 | 南砂町の憩いのカフェ「喫茶 とまり木」


「喫茶 とまり木」の外観

2店舗目は「喫茶 とまり木」。このカフェは南砂町の駅から徒歩14分ほどの場所にあります。場所でいうと葛西橋の付近にあります。

「喫茶 とまり木」の入口

このカフェはの特徴はモスグリーンとダークブラウンの色調を基調としたナチュラルなテイストのカフェです。店舗内の空間は広々としており、窓から日差しが差し込む清々しい空間です。

「喫茶 とまり木」の店内

席は20席程度あり、ゆったりくつろげるベンチ型の長いチェアがあるボック席やテラス席などがあります。割とテーブルが広めなので、ノートPCと注文したメニューを置いても余裕があります。よくリモートワークをする際に利用させていただいています。

「喫茶 とまり木」のカウンター席

個人的に特に入りやすいと思ったのが、店舗自体が広々とした空間なのでベビーカーでそのまま入れる点がお気に入りのポイントでもあります。また、駐輪スペースも広々としており、自転車でも行きやすいです。

「喫茶 とまり木」のテーブル席


メニューはモーニングからランチ、カフェメニューとかなりメニューが充実しています。モーニングは利用したことないのですが、ランチメニュー、カフェメニューはよく利用しおり、ランチメニューの「ハンバーグランチ」や「ドリアランチ」は、まろやかな味わいで、非常に美味しいです。子供とシェアしながら食べれるので子連れでも入りやすい店舗です。

「喫茶 とまり木」のケーキセット

カフェメニューのタルトやケーキのラインナップも多く、ドリンクとのセットは650円~750円位なのでお得感があります。1年中ケーキだけではなく、夏にはかき氷のメニューも提供されているので、季節ごとに違った楽しみ方ができます。

また、メニューに提供されている食器類もアンティーク調で非常にオシャレ!もちろん子供のようの食器は割れにくいプラスチックの食器を提供してくれるので、子連れでも安心して楽しめます。

店舗情報

  • 店舗名:喫茶 とまり木
  • 住所:〒136-0074 東京都江東区東砂6丁目19−8
  • アクセス:南砂町駅から徒歩14分
  • 営業時間:9:00~17:00
  • 定休日:月曜日・火曜日

南砂1丁目 | 砂町珈琲


砂町珈琲の外観

3店舗目は「砂町珈琲」。このカフェは、南砂1丁目にあるキッチンカーのようなカウンタースタイルと店舗が併設されたカフェです。バリスタとパティシエによる二人三脚で運営しており、コーヒーはもちろんのことケーキをはじめとした多彩な商品を販売しています。

ドリンクのオススメはこの店ならではのブレンドコーヒーである「砂町ブレンド珈琲」。バランスの良い風味で非常に飲みやすく、価格も¥400とリーズナブルな金額感です。砂町ブレンド珈琲は、ドリップバッグタイプのものも販売しており、お店の味をご自宅でも楽しめます。

砂町珈琲のスイーツ商品

スイーツ商品は、自家製シュークリームやチーズケーキをはじめ季節によってさまざまな商品を販売しています。

イートインスペースは、1階のカウンター前のベンチと2階のイートインスペースになります。2階のイートインスペースは複数はあり、テラス席や室内席を利用することができます。

室内のイートインスペースは大きなテーブルが中央にあり、広々とした空間となっています。また、室内にはWi-FI完備されており、各席のテーブル裏部分には電源も設けられているため仕事や勉強する方にもオススメです。ひとつ一つのテーブル・椅子などの家具や設備に木材の温もりを感じるとともに、プロダクトデザインとしてしっかり洗練されています。非常に居心地のいい空間です!

店舗情報

  • 店舗名:砂町珈琲
  • 住所:〒136-0076 東京都江東区南砂1丁目-9-7
  • アクセス:南砂町駅から徒歩25分、北砂二丁目バス停から徒歩7分
  • 営業時間:9:00~18:00(水曜日は10:00オープン)
  • 定休日:火曜日

いかがでしたでしょうか。
どちらのカフェもオシャレな雰囲気で居心地のいい空間なので、ついつい長居してしまうのでご注意ください。南砂町でカフェをお探しの方がいましたら、今回紹介した3店舗はオススメなので是非立ち寄ってみてください。それではまた!

カフェ・コーヒーに関するオススメ記事



KENTARO

KENTARO

都内の中小広告代理店で働くディレクター。 石川県七尾市で生まれ、東京江戸川区で少年時代を過ごし、 浪人時代を経て美大に進学。大学卒業後は現在の会社に就職。 就職後は仕事の傍ら音楽活動を行っていたが、 最近はハードワークの傍ら2児の父になったこともあり、 仕事・家事・育児に奔走している。

関連記事

特集記事

KENTARO

KENTARO

都内の中小広告代理店で働くディレクター。 石川県七尾市で生まれ、東京江戸川区で少年時代を過ごし、 浪人時代を経て美大に進学。大学卒業後は現在の会社に就職。 就職後は仕事の傍ら音楽活動を行っていたが、 最近はハードワークの傍ら2児の父になったこともあり、 仕事・家事・育児に奔走している。

最近の記事

  1. 松山空港でお土産選びに迷ったらこれ!四国銘菓「御栗タルト」

  2. 愛媛に行ったらお土産におすすめしたい今治タオル商品!

  3. お笑いライブに行ってみた!東京中野区で開催されたお笑いライブ「LaughBoxZ トークZ Vol.48」

関連リンク

TOP
CLOSE